茶月の安全・安心への取り組み

小僧寿しグループの安全・安心への取り組み

小僧寿しグループが運営する各店舗では、お客様に「安全」で「安心」な商品を提供するために、衛生管理について、様々な取り組みをおこなっております。

食品が店舗に届くまでの衛生管理

■食材の安全性確認

新規に取扱う食材は、導入前に細菌検査を実施し、安全性が確認された食材のみが流通します。
又、現在店舗に流通している食材も、定期的に安全性確認検査を実施しています。

■自社・取引先工場の衛生検査

・自社で運営する工場では、独自のチェックリストを基に目視での衛生検査と同時に、製造している食材の細菌検査及び使用している器具類の拭き取り検査を、定期的に実施しています。
・取引先工場は、食材の購買を管理する部門が、工場の衛生管理レベルをチェックしています。

店舗での衛生管理

■衛生管理マニュアルの整備と教育

店舗では、個人衛生・温度管理・期限管理などの、各種衛生管理マニュアルを作成・整備し、安全な商品提供に努めています。店舗従業員へは、店舗責任者や本部専門スタッフによる定期的な衛生勉強会を実施し、店舗従業員の衛生管理意識の向上に努めています。

■店舗の衛生検査

本部の専門スタッフによる店舗の衛生検査を、定期的に実施しています。
店舗の衛生検査では、各種衛生管理マニュアルが遵守されているかなどの独自チェックリストに基づいた目視での衛生検査と同時に、食材の細菌検査及び使用している器具類の拭き取り検査を実施しています。
検査結果は必ず店舗責任者や店舗従業員へフィードバックし、より衛生管理の行き届いた店舗運営が出来るよう努めています。